2014年07月17日

ドライポイントを試作

kopekita.gifみなさん、こんにちは!

今週末の日曜日は、いよいよ入門!ドライポイント体験の工作があるよ。
ルオーさんの展覧会は、104点中、約60点が銅版画。
いろんな手法と道具を使ってるのが、ルオーさんの版画の特徴。

でも、どんな表現ができるのか、
やったことないと、わかんないよねー?

ということで、今回は、ドライポイントを実際にやってみるのだ。
先生は、アトリエ666の高橋先生。
7.16 繝医y繝ゥ繧、繝帙z繧、繝ウ繝郁ゥヲ菴・RIMG0005.JPG
体験してくれたのは、美術館にインターンシップにきている
附属中の生徒さんたちだよ。

ニードルという道具で、版を直接けずっていくのが、ドライポイント。
そこに、インクをつめて刷るんだよ。

7.16 繝医y繝ゥ繧、繝帙z繧、繝ウ繝郁ゥヲ菴・RIMG0007.JPG

プレス機でぐーっとおして・・
どんなのができあがるのかは、また日曜日に報告するのだ。
posted by ペキタ at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コペキタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101762092

この記事へのトラックバック